あしたのわだい

スポンサーリンク
様々な電卓の種類と機能について

電卓とは電子卓上計算機の略称で、小型で机の上で計算するのに適した大きさなので、オフィスでは一人一台保有するほど、必要不可欠なものとなっています。

電卓には様々な機能が備えられており、機種も多く発売されています。

意外と奥が深い電卓についてまとめました。

 

電卓の無料アプリ

パソコンでもスマートフォンでも、無料の電卓ソフトが配信されています。

キャラクターものや日付と時間計算ができるもの、割引計算が楽なお買い物に適したものなど、特別な機能を備えたものも多いのでぜひインストールしてみてください。

スポンサーリンク

 

電卓でのパーセントの出し方

バーゲンセール品などで20%オフという表示を見かけることがありますが、電卓で計算する場合はどのように計算するのか説明します。

もし100円のものを20%オフで購入する場合は、100×0.8=80円と計算できますが、%ボタンがついている場合、100×20%-と押すと20%引き、100×20%+と押すと20%増しという計算ができます。

電卓の種類によって、多少変わってきますので説明書を一度、確認しましょう。

 

電卓の機種別税率設定方法

2019年10月から消費税が10%に引き上げられます。

現在、使用している電卓を10%の消費税に変更する必要があるので主要メーカーごとに方法をまとめました。

スポンサーリンク

カシオの場合

[%]キーの上に書いてある文字によって2通りの設定方法があります。

税率設定(Rate Set)」と書かれているものと「設定(SET)」と書かれているものです。

「税率設定(Rate Set)」と書かれているもの

[AC]キーを押します([C/AC]キーの場合は2回押します)

[%](税率設定)キーを、画面に「税」と「%」が表示されるまで約3~4秒間(長押し)押し続けます

現在設定されている税率が表示されます

Cキーを押してから、税率を入力します(税率10%の場合は[10]を押します)

[%](税率設定)キーを押すと税率が設定されます。

「設定(SET)」と書かれているもの

[AC]キーを押します([C/AC]キーの場合は2回押します)

[%](設定)キーを、画面に「設定」と「0.」が表示されるまで、約3~4秒間(長押し)押し続けます

[税込](税率)キーを押します

画面に「税」「設定」と「%」マークが点灯し、現在設定されている税率が表示されます

[C]キー(または[C/AC]キー)を押すと数値が「0.」になります(税率10%の場合は[10]を押します)

[%](設定)キーを押すと税率が設定されます。

 

シャープの場合

[税率設定][税率確認]キーのある機種

[C]キーを押します([C・CE]キーの場合は2度押し)

税率設定キーを押します

[8]キーを押します

[税率設定]キー(または[税込]キー)を押して設定終了です

[税率設定]切換スイッチのある機種

[計算-税率設定]スライドスイッチを「税率設定」側に切り替えます

[C]キーを押します([C・CE]キーの場合は2度押し)

[8]キーを押した後、[税率]キーを押します

[計算-税率設定]スライドスイッチを「計算」側に戻します。

スポンサーリンク


キャノンの場合

キヤノンの電卓は、税率キーが「2個」の場合と「3個」の場合によって方法が異なります

税率キーが2個(「税込」「税抜」)の場合

[CA]キーを押します

[税込]キーを押します

任意の税率(例えば[10]キー)を押します

[税込]キーを押します

税率キーが3個(「税率」「税込」「税抜」)の場合

[CA]キーを押します

[税率]キーを押します

任意の税率(例えば[10]キー)を押します

[税込]キーを押します

 

 

電卓での標準偏差の求め方

標準偏差とは、データの散らばりの度合いを示す値です。標準偏差を求めるには、分散(それぞれの数値と平均値の差の二乗平均)の正の平方根を取ります

データが平均値の周りに集中していれば標準偏差は小さくなり、逆に平均値から広がっていれば標準偏差は大きくなります。

関数電卓を使えばその計算を瞬時に行うことができます。

また関数電卓では三角関数の計算も用意に行えるため、計算が必要な方は関数電卓の購入を検討してみてください。

 

パソコンの電卓での 2進数への切り替え

Windowsの電卓では、表示をプログラマに切り替えることで、2進数や16進数の計算ができるようになります。

2進数や16進数とは、コンピューターやプログラムなどで使用する数値の表現方法です。

※ 通常の数値表現は「10進数」と呼びます。

スポンサーリンク

 

逆ポーランド記法での電卓の使い方

通常の計算式では1+2=と計算するものを逆ポーランド記法では1,2+と表します。

1*2+3*4=の場合は1,2*3,4*+と表し、後置記法と言われています。

この逆ポーランド記法を入力方式とした電卓がRPN電卓です。

 

私たちの生活に欠かせなくなっている電卓ですが、その種類や計算方法は様々で知らないことが多いです。

関数電卓やカードタイプの電卓、学習用の電卓や計算ドリルが内臓された電卓など、種類も多様化してきているので、自分に何が必要なのかよく検討してみてください。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

■12桁表示の木製ソーラー電卓「Solar Battery Calculator Desk Type」
価格:8640円(税込、送料別) (2018/4/5時点)


 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.