あしたのわだい

スポンサーリンク
意外と知られていない春分の日について

春分の日は日が長くなり、気温も暖かくなるため行楽に出かける人も多い祝日といえます。

春分の日を境に、夏至までだんだんと日も長くなり夜が短くなります。

春分の日はどのような意味で制定されたのか、どのような行事があるのかが意外と知られていません。

春分の日は日付を指定しておらず、どのようなで定められるのかなど春分の日に関する情報をまとめました。

スポンサーリンク

 

春分の日の由来と決め方

春分の日は、春彼岸の中日にあたり、基をたどると、明治11年、太政官布告23号で定められた春季皇霊祭という祝日が始まりです。

春分の中日を「春季皇霊祭」と定め、宮中において祖先を祭る日となったのをきっかけとして、一般市民の間でも祭日とされました。

春季皇霊祭とは、毎年春分日に行われる歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祭る儀式をいい、宮内庁が公開している皇室の「主要祭儀一覧」には「春分の日に皇霊殿で行われるご先祖まつり」と記されています。

 

春分の日は3月20日~3月21日となっており、毎年同じではありません。

地球の赤道を天に延長したものが黄道(太陽の通り道)と交わる春分点を、太陽が通り過ぎる時間を含む日を指しています。

地球の公転は365日と約6時間かかるため、毎年、春分点を太陽が通り過ぎる時間がずれていくので春分の日は必ず同じ日にはなりません。

 

毎年2月の第一平日に発行される官報で公表され、2018年の春分の日は3月21日となっています。

地球の運行状態などが現在と変わらないと仮定すると、将来の春分日・秋分日を計算で予想することができます。

ただし、地球の運行状態は常に変化しているために、将来観測した結果が必ずしも計算通りになるとは限りません。

 

春分の日一覧表

毎年、国立天文台が春分日を含め作成する翌年の暦象年表という小冊子に基づき、施行年前年に閣議で決定され暦象年表以降の将来も春分日は天文学で計算でますが、

このような手続きを経るために正式には「春分の日」は公告でしか確定しません。

将来的な春分の日一覧表は存在しますが、春分日がいつ春分の日になるかは前年にならないと確定しません。

スポンサーリンク



 

 

春分の日とは

春分の日は1948年に公布・施行された国民の祝日です。

祝日法により天文観測による春分が起こる春分日が選定され休日とし、自然をたたえ、生物をいつくしむ日とされています。

寒い冬を越えて、植物や生物が活動的になっていくという意味がこめられています。

また春分の日にあたる、春分は二十四節気という1年を24等分する暦に登場し、昼と夜がほぼ同じ日になるとされています。

春分、秋分に最も近い戊の日のことを社日と呼び、(前後同日数の場合は、前の方の戌の日を社日とします)「社」は、生まれた土地の神様(産土神・うぶすながみ)のことを表し、この日に産土神を参り、春には五穀豊穣を祈り、秋には収穫の感謝をします。

春の社日は種まきの時期、秋の社日は収穫の時期にあたり、農業において大切な時期になります。

 

春分の日に行われる行事

春分の日の行事としては、お彼岸のお墓参りが有名です。

これは春分の日を中日とした前後7日間に、ご先祖様の供養を行うというものです。

最初の日を彼岸の入り、最後の日を彼岸明けと呼びます。

お彼岸の彼岸とはあの世を指す言葉で、それに対してこの世のことは此岸と呼びます。

彼岸は真西の方向にあるとされ、ちょうど春分の日と秋分の日にほぼ太陽が真西に沈むため、真西を拝んでご先祖様を偲んだのが、お彼岸参りの始まりです。

スポンサーリンク

春分の日の料理と言えば、お彼岸の料理と言う事で、精進料理と言う事になります。

仏教では殺生禁断の思想があり、生き物を殺したあとの肉は食べてはいけないことになっていることから、野菜、乾物類を中心とする献立を立て、だしも、しいたけなどの精進だしを使います。

なじみの深いものに、ぼたもちがあります。

ぼたもちに使われる小豆は朱色をしており、その色がもつ力にあやかって江戸時代のころより伝わっている風習のようです。

朱色には邪気を払う力があると言われていて、お彼岸に達するこの期間に邪気をはらい、ご先祖様が極楽浄土へ近づきやすくなるようにお供えものとして使われています。

 

春分の日に使える無料イラスト

春分の日はイベントも多く、広告を作る機会も多いです。

春分の日をテーマとした無料イラストが、インターネットから素材として配信されていますので一度、検索してみてください。

 

春分の日はご先祖様への感謝とともに、生物と自然を慈しむ日でもあります。

暑さ寒さは彼岸までと言われるほど、春分の日は寒さが和らぎ綺麗なお花をお供えしたり、ガーデニングを始めたりと新しいことを始めるにもちょうどいい季節といえます。

春の日は山笑うとも表現され、春になりいっせいに芽吹いた木々が山を覆い、緑の力強さを得たさまを表現しています。

地域によっては桜も開花し始めるので、ウォーキングや山登りをしてみるなど自然に触れ合いながら春を感じてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



 

 

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.