あしたのわだい

スポンサーリンク
クイズ形式で楽しく!ひな祭りの由来を子供に分かりやすく説明するには?

ひな祭りは昔からの日本の風習で、女の子のための行事として親しまれていますね。

お子さんと一緒にひな祭りを楽しむためにも、できればお子さんにもひな祭りの由来につて説明したいもの。

 

そこで今回は、ひな祭りの由来などをお子さんへ説明できるように、クイズや手遊びを取り入れてご紹介していきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

まずは大人が3月3日のひな祭りの起源や由来を知っておこう!

毎年何気なくお祝いしているひな祭り。

女の子のお子さんがいるご家庭は、日本の伝統行事を体験させるにもしっかりとお祝いしたいものですね。

そこで気になるのが3月3日のひな祭りの起源や由来。

お子さんに説明するためにもまずはしっかりと大人が理解しておきたいもの。

 

ひな祭りは女の子の行事として親しまれていますが、本来は穢れを祓う季節の行事です。

3月3日は古代中国では邪気や穢れといったものが襲ってくる忌み日とされ、身を清めることで災いを逃れる習慣がにほんにも伝わってきました。

これが現在でも行われている流し雛という風習として定着してきました。

スポンサーリンク

 

流し雛は紙で作った人形に穢れを移し川に流すことで災いを祓うという風習が。

この風習に、貴族の子女などが好んで遊んでいたひいな遊びと呼ばれる人形遊びが一緒になりひな人形が誕生したのだとか。

このことからひな祭りは女の子の健やかな成長と幸せを願う伝統的な行事と定着していきました。

 

ちなみにひな祭りが行われる3月は桃の季節と呼ばれており、桃には邪気払い効果があると信じられていたことから桃の節句といわれるようにもなりました。

 

 

ひな祭りを子供に説明してみよう

上記がひな祭りの由来ですが、お子さんにそのまま伝えるのは難しいですよね。

ひな祭りをお子さんに説明するポイントは、お子さんの年齢にあわせて伝える情報を選ぶことです。

ひな祭りの由来でお子さんに伝えたいポイントは
  1. ひな祭りはお子さんの成長を願う大切な日。
  2. 昔の人は紙の人形をつくり、災いを託し川に流していたということ。
  3. ひな人形は子供にとってお守りに近い意味があること。
 

お子さんが小さいのであれば『ひな祭りは○○ちゃんが健康で幸せに生活できますようにってひな人形を飾る日』だけでも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク



 

ひな祭りをクイズを使って理解するのもおすすめ

お子さんがある程度自分で考えることのできる年齢であれば、クイズを利用して楽しくひな祭りの由来を勉強するのもおすすめです。

クイズも難しすぎるとお子さんのやる気がなくなる可能性があるので、正解率95%目標にしましょう。

 

例 問題 ひな人形はどうして飾るの?
  • 部屋を可愛くしたいから
  • 女の子の成長と健康を願うため
  • 神様へお供えするため
 

上記のような選択問題にするとわかりやすいですね。

お子さんと一緒に楽しくひな祭りの由来について学んでいきたいものですね。

 

 

歌や手遊びでひな祭りを楽しもう

ひな祭りをお子さんと仲の良い友達と一緒にお祝いするという方も多いのではないでしょうか?

ひな祭りパーティーでおすすめなのが、ひな祭りの歌と手遊びです。

 

ひな祭りにちなんで『3月3日のもちつき』や『おおきくなったかな』といった手遊びが特に人気。

最近ではひな祭りのために厳選した曲を集めたCDも発売されているので、この機会に購入してみても楽しめそうですね。

手遊びはお子さんとのコミュニケーションはもちろん、実際に見聞きして、マネをするという行動になるので発達面でもメリットがたくさん。

ぜひ、実践してみましょうね。

スポンサーリンク



 

 

ひな祭りのちらし寿司の意味は?

ひな祭りのお祝い料理といえば、菱餅やひなあられ・ちらし寿司・はまぐりのお吸い物といったものが代表的。

これらはそれぞれ意味や由来があるのをご存知でしょうか?

 

たとえば

はまぐりのお吸い物…はまぐりのように将来夫婦仲が睦まじくなりますように

菱餅…災いを取り除き、健康に成長できますように

ひなあられ…1年を通して幸せに過ごせますように

といった意味が。

 

しかし、ちらし寿司には上記のようなはっきりとした由来が存在しません。

ではなぜひなまつりにちらし寿司が食べられるようになったのでしょうか?

 

ちらし寿司はひな祭りのお祝い料理となった理由としていくつか説がありますが、一番有力なものは平安時代のお祝い膳であるなれ寿司を発展させたものとかんがえられています。

平安時代のなれ寿司とは今のお寿司の原型で、ごはんと魚介類を一緒に発酵させた食べ物でした。

 

しかし残念なことに見た目がいまいち。

女の子のお祭りであるひな祭りには春を感じさせる華やかな食べ物が良いと、人気がありませんでした。

ここで登場したのがちらし寿司です。

ちらし寿司は卵や三つ葉・人参といった色鮮やかな食材でとても華やか。

縁起物とされるえびやれんこん・豆などの食材も使われるようになり、いつしかひな祭りのお祝い料理の定番になったといわれています。

スポンサーリンク



 

 

まとめ

ひな祭りの由来やお子さんと一緒に楽しめるポイントについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

お子さんと迎えるひな祭りは、自分だけで迎えるひな祭りとはまた別のものですよね。

手遊びや歌などを利用して、ぜひお子さんと一緒にひな祭りを楽しくお祝いしてくださいね。

 

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.