あしたのわだい

スポンサーリンク
マンション購入に失敗しない5つのポイントやメリットを分析!

マンション購入をする年代として一番多いのが30代です。

30代は仕事も10年目を越え始め子供も産まれ、仕事も家庭も落ち着いてきたころに自分の人生設計がある程度固まってきます。

漠然とマンションを購入したいと思い始めても、何をポイントに検討すべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。

ポイントや失敗例など購入時に参考になるようにまとめてみました。

 

マンション購入失敗談にはパターンがあった!?

人生での大きな買い物であるマンションを購入したけれど、後から失敗したと後悔しないためにも失敗談をよく理解することが大切です。

マンション購入の失敗談にはパターンがあります。

スポンサーリンク

 

生活の変化に対応できていない

子供は何人の予定で、成長したら何部屋必要か。

収納スペースは足りているかなども間取りをチェックすることはもちろんですが、大きなタワーマンションの場合はエレベーターが少なく朝は待ち時間が長いなど、マンション内の設備をチェックすることも大切です。

エントランスから購入予定の部屋までのルートや毎日の生活に不便がないか。

子供が増え、成長しても問題ないかなどをよく検討してみましょう。

 

立地や騒音、近隣住民とのトラブル

マンションでは同じ建物に住む以上、近隣の住民との距離はどうしても近くなります。

深い部分は住んでみないと分からないですが、ある程度どのような人が住んでいるのか、立地上騒音が発生するような踏切や工事現場などはないかなど、実際にマンションを訪れて見学することで雰囲気をつかむことができます。

 

住宅ローン以外の経費

マンションでは住宅ローン以外にも管理費や修繕積立金といったランニングコストがかかります。

また固定資産税もかかるので比較的建物価格が安い物件を購入したとしても、その他にかかるお金を事前に調べ、他の物件と比べておく必要があります。

スポンサーリンク



 

マンションを購入する時に気を付けたい5つのポイント!

マンション購入の際に気をつけるポイントが5つあります。

 

信用できる担当者、不動産会社であるか

大手で有名であれば必ずしも信用できるとは限りません。

契約内容をきちんと説明し、疑問に対して的確に答えられることが大切です。

会社が大手であっても担当者がしっかり不動産の内容を理解していない場合も、デメリットや不都合な内容を説明しないケースがあるので相手を見定めることも大切です。

 

周辺施設や治安

周辺に病院や学校、スーパーなど子育てのしやすい環境であるかなどや治安の悪い地域ではないかなど立地はとても大切です。

若い夫婦から老後まで安心して暮らせるような地域であるか周辺を歩いてみましょう。

 

耐震性

新築マンションであれば基準を満たしているケースは多いですが、中古のマンションを購入する際は耐震工事が済んでいるかなどこれから30年、40年と住むことができるかを考えて検討してください。

また液状化など地盤が緩くないかなども自身で調べることが可能ですのでそちらも調査が必要です。

 

消防署や警察署、交番があるか

近くに交番や消防署があることによって治安は安心できます。地域の犯罪発生率なども調べておくといいです。

 

時間によって変化はないか

平日と休日の昼間と夜に一度、足を運んでください。

時間帯によって日当たりや騒音、治安など見えてくる光景がかわってきます。

スポンサーリンク



 

ここが知りたい!マンション購入のメリットとデメリット

マンション購入に関してメリットとデメリットが存在します。

簡単にまとめてみました。

 

メリット

・同じ立地条件だと一戸建てよりも物件価格が安い傾向にある

・将来の修繕計画などが比較的しっかりしている

・空き巣や放火などの防犯面での優位性は高い

・保温面、日照面、害虫面などで一戸建てよりも優位性がある場合が多い

・近所付き合いなどを積極的にすることで、他の居住者と生活面での協力をしやすい

 

デメリット

・管理費や修繕積立金、駐車場代(または、駐車場管理費)などの負担が必要

・将来の資産価値は、立地にもよるが一戸建てに比べるとあまり期待できない

・騒音を出したり、出されたりした際に、一戸建てよりも気遣いなどが必要

・管理組合などへの参加義務がある

 

 

いかがでしょうか?

一生に一度の大きな買い物だからこそ、しっかり下調べをして後悔のないようにいろいろな物件を検討してください。

スポンサーリンク

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.