あしたのわだい

スポンサーリンク
百人一首を覚えたい!並び方や意味一覧・覚え方をご紹介

最近では漫画や映画化されたことから、再び注目されている百人一首。

百人一首は100人の歌人の和歌が選ばれた秀歌撰のため、100首あり覆えるのが大変という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、百人一首の覚え方や基本的な並べ方・百人一首の意味を一覧で知る方法についてご紹介していきます。

百人一首の興味があるけれど、よく分からないという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

 

百人一首の意味一覧はどこで分かるの?

百人一首は優れた歌人の歌を集めたもので、それぞれの歌に詠み上げられた情景や美しい日本語が魅力です。

しかし、現代人にはその意味がなかなか理解できない部分もあるのが現実。

百人一首をより身近に感じるため歌の意味一覧を知りたいときは、書籍やインターネットを利用してみましょう。

百人一首は恋の歌も多く、意味を知ることで当時の恋愛事情を知ることもできるため、より親しみやすくなりますよ。

すべて覚えるのは無理という方でも、百人一首の中でも特に人気が高い天智天皇持統天皇の歌を見てみると、学校で習った覚えがあるのではないでしょうか。

まずはお気に入りの歌を探してみましょう。

スポンサーリンク

 

百人一首を覚えたいときは、無料の読み上げサービスやゲームがおすすめ

百人一首を覚えるには実際に体験してみるのが一番ですよね。そこでおすすめなのが百人一首の無料詠み上げサービスやゲームの利用です。

百人一首の詠み上げは無料のものも多く、利用することで複数ではもちろん一人でも練習できるので百人一首を覚えたい、大会に向けて練習したいという方にピッタリです。

百人一首の詠み上げをしてくれるアプリやサイトは、元NHKアナウンサーが朗読しているものや全句が音声だけでなく挿絵とともに紹介されているものと特徴がそれぞれあります。ぜひ、自分の用途や使いやすいものを探してみてくださいね。

また、もっと気軽に百人一首を楽しみたいという方は、インターネット上にある百人一首の無料ゲームに挑戦してみるのも良いでしょう。

楽しく遊びながら覚えることができるため、ゲーム好きの方におすすめですよ。

 

初心者におすすめの緑札など色分けされた百人一首とは?

百人一首を始めたいけれど、100首覚えるのに自信がないという方におすすめなのが五色百人一首。

学校の先生が考えた百人一首で、緑札や黄・青など5色に色分けされていて実際に1回のゲームで使用するのは1色の20枚のみ。

 

五色百人一首は1人10枚ずつ並べ、2人で札を取っていきます。札が20枚しかないため、短時間で決着でき初心者の方でも気軽に楽しむことができるのが魅力です。

はじめに緑札を覚えたら次は青札、といったように少しずつ覚えていくカードを増やしていくことで無理なく百人一首を覚えていくことができますよ。

スポンサーリンク



 

百人一首の下の句カルタとは?

百人一首にはちらし取りや坊主めくりといった様々な遊び方がありますが、下の句カルタという遊び方をご存じでしょうか?

 

下の句カルタは北海道独自の百人一首の遊び方で、百人一首の下の句だけを読みあげていきます。

木製カルタで下の句を読み、その下の句を取り3対3のチーム戦で行っていくのが特徴です。

 

1.両チーム50枚ずつ持ち、取り札を3段に並べていきます。

2.読まれた下の句を取り、自分たちのチームの取り札がなくなれば勝ちです。

このとき、相手チームの札を取った場合、自分のチームの札から1枚渡していくためより早く手持ちの札をなくすことができます。

 

興味がある方は、ぜひ実践してみましょう。

 

 

百人一首の清少納言の句は?

清少納言といえば、枕草子の著者として有名ですが百人一首にもその句が残されています。

清少納言の百人一首の句には、枕草子を書いた才能が十分感じられる魅力的な句。

ご紹介しますので、参考にしてくださいね。

 

『夜こめて 鳥のそらねは はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ』

 

この句は中国の歴史書にあるエピソードに基づいて詠まれており、ここからも清少納言の高い知性がうかがえますね。

この歌は男女のかけひきについて詠まれており、現代風に訳すと

『まだ夜が明けないうちに、鶏の鳴き真似をして函谷関をだましても逢坂の関は開きません。私だって騙されて戸を開けるようなことは絶対にしませんからね』

となります。

 

これは藤原行政とのやりとりが詠まれています。

わかりやすくいうと、夜藤原行政と清少納言が過ごしていたところ、藤原行政が用があるといって突然の帰宅。

翌日、突然帰った言い訳とまた逢いにいって良いかという歌が届きます。

しかし清少納言は、もう騙されませんよと藤原行政の誘いを突っぱねたということになります。

 

男性の誘いを突っぱねる清少納言の気の強さが見える歌ですね。

このやりとりや、後日談が枕草子に書かれているので興味がある方は、そちらも合わせて詠んでみると良いですね。

スポンサーリンク



 

百人一首の並べ方・やり方や覚え方をご紹介

百人一首には色々なやり方がありますが、ここでは注目されるきっかけにもなった競技かるたの基本的な並べ方ややり方についてご紹介していきます。

 
  1. 競技かるたではまず、自分が対戦する相手と向き合い座り挨拶をします。
  2. 取り札である下の句を箱からだし、100枚裏返しの状態で置きよく混ぜます。
  3. そのまま裏返しの状態でそれぞれ25枚ずつ鶏、残りの50枚を箱に戻し試合をします。
 

百人一首は並べ方に定められた方法がないため、自分が取りやすい並べ方にすれば良いでしょう。

一般的には

・決まり字が似ている札はつける

・1字決まりの札は相手に取られにくいように下段や自分の取りやすい位置に配置する。

・上段左側は相手に取られやすいため、札を少なめに配置する。

のがポイントといわれているので、参考にしてくださいね。

 

また、百人一首の試合で勝利したり楽しむためには、百人一首を覚えることが重要です。

覚え方は決まり字を覚える・自分なりの語呂合わせをつくる・とにかく実践で覚える等あるので、自分に適した覚え方を探してみましょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

百人一首は若い方を中心に最近、再び注目されています。

百人一首にはさまざまな遊び方があり、初心者やお子さんから楽しめるやり方も多くあるのでぜひ体験してみましょう。

 

百人一首をしっかり覚えたいという方は、詠み上げをしてくれるソフトやアプリ、ゲームもあるので自分にピッタリの方法を見つけてみてくださいね。

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.