あしたのわだい

スポンサーリンク
今注目のヒカキン(HIKAKIN)について

今、日本だけではなく世界的に有名なヒューマンビートボクサーのヒカキンをご存知でしょうか?

ヒューマンビートボックスをYouTubeにて動画投稿するユーチューバーともいえます。

そんな今、話題のヒカキンについてまとめましたので参考にしてみてください。

 

ヒカキンの最新動画

ヒカキンのYouTubeチャンネルに登録すると、常に最新の動画をチェックできます。

主に4つのチャンネルを保有していて、

「HIKAKIN」では主にビートボックスの動画、「HikakinTV」では商品紹介などの動画、「HikakinGames」ではゲームの実況動画、「HikakinBlog」では自身のプライベートなどの動画をアップしています。

一日に一本は動画を投稿していますので、チャンネル登録してみてください。

ファン層は小学生と中学生がメインなので、家族みんなでご飯を食べながらでも見ることのできるコンテンツをやっていきたいと語っています。

スポンサーリンク

 

ヒカキンの青鬼3

青鬼3というアプリのゲームが配信されています。

脱出ゲームでヒカキンが最高顧問を務める「UUUM」からリリースされ話題を呼んでいます。

 

青鬼シリーズはとても人気で、青鬼3のリリースを待ち望んでいる方も多いです。

そのアプリを操作しながら、実況や攻略していくヒカキンの動画がとてもおもしろく、いくつか動画配信されています。

 

ヒカキンのマインクラフト

マインクラフトとはブロックや地面を空中に配置し、自由な形の建造物などを作っていくゲームです。

様々なゲームのソフトとしてもリリースされており、レゴとコラボしておもちゃとしても発売されており、大人から子供まで楽しむことができます。

ヒカキンが動画として配信しているのは、PC版です。

こちらもヒカキンの中でもとても人気の動画で、たくさんのアイテムを出すなど、動画を見る人を飽きさせない内容となっています。

スポンサーリンク



 

ヒカキン&セイキン【雑草】の歌詞

ヒカキン&セイキンの2枚目のシングルで、2017年10月19日に自主製作で音楽配信された雑草という曲の歌詞がとても感動的だと話題になっています。

ヒカキンが下積み時代にスーパーで働いていたことや、セイキンが高校を卒業して一度は東京の大学に進学したものの中退したり、就職後も過労死寸前のレベルで働いていたりしたことなどを振り返り「どんな荒れた土地の雑草でも必ず花が咲く」という思いが込められています。

【歌詞】

Wo oh oh! Oh oh oh oh oh!

夢見る未来へと

Wo oh oh! Oh oh oh oh oh!

何度倒れようと

 

公園の真ん中 色鮮やかな花たちがきれいに咲いている

人々は皆その美しい花たちに夢中になっていた

その花の周りのアスファルトから小さな草が生えている

誰一人足元の草に気づく者はいない

踏みつけられ 引っこ抜かれそうになる それでも僕負けやしない

 

Wo oh oh! Oh oh oh oh oh!

夢見る未来へと

Wo oh oh! Oh oh oh oh oh!

何度倒れようと

Wo oh oh! Oh oh oh oh oh!

さあ立ち上がれ今

Wo oh oh! Oh oh oh oh oh!

つぼみは開くはず

 

真夏の日差し焼けつくようなアスファルトに花が咲いている

あの花はあのとき踏みつけられて静かに耐えた強き草

花壇の花のような磨きこまれたきらびやかさはないけれど

そっと近づいて眺めてごらんほら輝いてる

荒れた土地に根付いた僕らでもできるはずさ 花よ開け

 

Wo oh oh! Oh oh oh oh oh!

夢見る未来へと

Wo oh oh! Oh oh oh oh oh!

何度倒れようと

Wo oh oh! Oh oh oh oh oh!

さあ立ち上がれ今

Wo oh oh! Oh oh oh oh oh!

つぼみは開くはず

粘り強く我が道行け そう僕らは不屈の花

Wo oh oh! Oh oh oh oh oh!

夢見る未来へと

Wo oh oh! Oh oh oh oh oh!

何度倒れようと

Wo oh oh! Oh oh oh oh oh!

さあ立ち上がれ今

Wo oh oh! Oh oh oh oh oh!

つぼみは開くはず

 

歌詞の内容はどんな人が聞いても元気が出るような内容となっています。

スポンサーリンク



 

ヒカキンのプロフィール

1989年4月21日、新潟県妙高市の次男として生まれ、小さい頃は教室のすみっこにいるちょっと変わった少年でした。

小学生の頃にヒューマンビートボックスに興味を持ち始めます。

初めの頃はYouTubeにおいてはニコニコ動画と同様にビートボックスを投稿していましたが、なかなかアクセス数も伸びず、スーパーで仕事をしながら月1・2本ずつ動画を投稿していました。

2010年に投稿された「Super Mario Beatbox」をきっかけにYouTubeを通じて世界的にも有名になりました。

 

以降、複数のチャンネルを開設し、ビートボックス以外にもゲームや商品紹介等のコンテンツを開始、日本最大規模のYouTuberとなっていきました。

タカラトミーとタイアップして作ったPR動画では、紹介した商品の動画公開日から4日で300万回再生され商品の売り上げが上昇するなど、経済効果にも影響するようになりました。

さらにYouTuberのマネジメント企業であるUUUMを創設し、最高顧問を務めています。

スポンサーリンク

 

世界的にもYouTuberという職業が知れ渡るなど、動画サイトを閲覧する人口はとても増えています。

彼らは動画とともに表示される広告収入で生計を立てており、その金額は何億もの年収につながる可能性があります。

誰でも簡単になれるものではなく、ヒカキンもいかに万人受けするか、投稿内容を考え毎日1本は動画投稿をするなど目には見えない努力をしています。

 

今後、ヒカキンだけではなくさらなる日本人のYouTuberとしての活躍が期待できます。

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.