あしたのわだい

スポンサーリンク
折り紙の簡単な折り方ってどうやるの?折り紙で立体の花や箱が作れるの?折り紙を節分に使ってみる?

折り紙って聞くと、どこか懐かしく幼き日にタイプスリップしてしまいそうですが、日本の伝統の一つである折り紙・・

今その折り紙の持つ魅力は日本人だけではなく、世界中の人々からも注目されています。

艶やかで美しく、限りない可能性を秘めている日本の折り紙、気になりますね。詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

 

折り紙の歴史

日本伝統の折り紙の文化・・そのルーツを少しひも解いていきましょう。

7世紀初めごろ、大陸から伝えられその後日本の製法技術で和紙が作り出されたということです。

和紙は薄くて丈夫であり、折れ目がきちんとつく性質から冠婚葬祭、行事各などの包み紙として日本の人々に親しまれていきました。

そうした中で折り紙は時代の中で、日本伝統文化と密接な関わりがあり、室町時代には紙包みの礼法などとしても用いられていたようです。

 

江戸時代になると、作法などにとらわれずに自由な形で庶民の間に様々な折り紙の折り方が考えられるようになり、手軽でだれでもが親しめる文化として広がりをみせていったといわれています。

街のあちらこちらで折り紙の「鶴」なども折られたりしていたのでしょうか・・

楽しそうに折り紙に親しむ当時の人々の姿が思い浮かびます。

スポンサーリンク



幼児教育や小学校に摂り取り入れられたのは、明治時代であるとのこと、折り紙は、その後も広く日本の文化として浸透していったのです。

もともと手先の器用な日本人が和紙といった丈夫な紙として作りだしたことで折り紙は生まれたのですが、折る、重ねる、組み合わせるなど、ひとつの作品を創り上げるまでには、いくつかのプロセスがあります。

ここでは折り紙で折れる花や、折り紙で作れる箱、折り紙で折る鶴などについて折り方の手順と一部折り方の動画でのご紹介をしていきたいと思います。

 

七夕飾りの折り方



 

【折り紙の花】の作り方のご紹介

色合い豊かな折り紙は、日本の四季を表現できるさまざまな花々を折ることができます。

チューリップやあやめ、アジサイやひまわりなど花の持つ柔らかな表情も折り紙で表現することができます。
折り紙の紙の大きさには5cm角、7.5cm角、24cm角、35cm角等がある為、小さな花々や、豪華な花など自由に作ることができます。

スポンサーリンク

 

 

※折り紙での花の作り方をご紹介しましょう。

参照 折り紙 七夕飾り

参照 折り紙 ばらの作り方
参照 折り紙 チューリップの作り方
参照 折り紙 桜の花の作り方
参照 折り紙 あやめの花の作り方

※折り紙、花の動画編のご紹介です。
参照 折り紙 花 紫陽花 動画

 

【折り紙の箱】の作り方のご紹介

折り紙の素材には和紙やタント紙などもあり、さまざまな形の箱を折ることができます。

飾り箱や小物入れなど丈夫で実用的な箱を作ることができます。

折り紙は丈夫な素材である為、箱作りなどの立体的な折り方にも適しています。

同じ折り紙の箱でも、和紙で折るとお洒落でモダンな感じとなり、タント紙で折るとより丈夫な箱を作ることができます。

お茶菓子入れやペン立て、書類入れなど手軽に作れそうです。

節分のときの豆の入れ物などピッタリだと思いませんか!

スポンサーリンク



 

※折り紙でのいろいろな箱の作り方をご紹介しましょう。
参照 折り紙 箱の作り方1
参照 折り紙 箱の作り方2
参照 折り紙 箱の作り方3

※折り紙の花 動画編の紹介です
参照 折り紙 箱 動画

 

【折り紙の鶴】 の作り方のご紹介

日本の伝統文化である折り紙は、今では世界にも広がっていますが、日本人の手先の器用さを表した代表的な折り紙として鶴があります。

順番に丁寧に折っていくプロセスがいくつかありますが、なかなか外国人にはハードルが高そうです。

日本ではお見舞いなどにもっていく千羽鶴としても親しまれていますね。

折り紙での鶴の折り方をご紹介しましょう。

参照 鶴の折り方 動画

※折り紙の作り方は、動画でも数多く紹介されており、折り目をつけるところから順番に作業していくことができます。

親指、人差し指の使い方、折り紙の端と端の折り方や重ね方など何度も確認できますね。

 

折り紙での表現力

折り紙で創りあげられる作品は、実用的なものから、自然の花々や動物、昆虫に至るまで幅広く創り上げることができます。

柔らかな質感も艶やかな色合いも自由自在に四季折々の日本の姿を表すことができます。

また折った紙をいくつも組み合わせたり、切込みを入れたりして、一枚の折り紙を立体の作品へと仕上がっていくこどができます。

日本人の器用さと根気の良さそして研究熱心であるといったことが、今の日本の折り紙文化へとつながってきたといわれています。

スポンサーリンク



 

まとめ

いかがでしたか。折り紙の折り方を学ぶことは、日本の伝統文化についても深く知ることになります。

たった1枚の折り紙が長い時代を経て、現在の折り紙文化へと変化してきたのです
日常の中でごく自然に親しまれていた折り紙で、当時の人々は、花や箱その他様々なものを折ってきたようですね。

折り紙の鶴などは見事に特徴をとらえています。

脈々と受け継がれてきた【折り紙】という日本の伝統文化に触れることで、先人たちの豊かな想像力と器用さに驚かされるとともに、努力を惜しまない日本人の気質を当時の人々にも感じることができます。

折り紙で作れる小物づくり、あなたにもチャレンジできそうですね。

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.