あしたのわだい

スポンサーリンク
ますます盛り上がるフィギュアスケート

フィギュアスケートは、スケートリンクの上で音楽に合わせ、ステップやスピン、ジャンプなどの技を組み合わせて競う競技です。

技術だけではなく、衣装や表現力、表情など様々な部分が採点基準となります。

オリンピックの種目としても日本で注目の高いフィギュアスケートですが、今までの結果などをまとめました。

 

平昌オリンピック 女子フィギュア速報!

オリンピック フィギュア女子freeの順位

結果はコチラ

金メダル ザギトワ

銀メダル メドベージェワ

銅メダル オズモンド

スポンサーリンク



 

 

フィギア女子演技順

23日の女子フィギュアスケートフリープログラム、我らが日本勢の滑走時間は、

宮原知子選手が、13時8分ごろ、坂本花織選手が13時24分ごろでした。

ショートプログアムで記録を出したロシア勢のメドベージェワ、ザギトワの滑走時間は、

ザギトワは、13時32分、メドベージェワは13時48分ごろでした。

 

 

女子フィギュアフリープログラム 宮原知子の速報結果

トリプルサルコ決まった!宮原知子渾身のガッツポーズ!

まったくジャンプ不足なしで基礎点・加点で146.44点 合計222.38点で4位!

 

 

女子フィギュアフリープログラム 坂本花織の速報結果

オリンピック最終グループ、17歳笑顔で戦い抜いた!
得点136.53点、合計209.71点 6位!

 

 

女子フィギュアフリープログラム ザギトワの速報結果

曲はドン・キホーテ、15歳アリーナ・ザギトワのフリープログラム

今シーズン初めてのミス!?
しかしちゃんとリカバリーして圧倒的な演技で暫定技術点81.92点

156.65点、合計239.57点トップ!!金メダル確定!

20年ぶりの15歳で金メダル!

 

スポンサーリンク

 

 

女子フィギュアフリープログラム メドベージェワの速報結果

三回転、三回転を決めた!押さえきれない思いがあふれる
世界女王は

156.65点、合計238.26点 2位で銀メダル!

 

 

過去のショートプログラムの結果

2月21日に行われている女子フィギュアのショートプログラム。

坂本花織選手が5位!自身のベスト記録73.18点の完璧な演技でした。

午後1時54分からエースの宮原知子選手が登場し、75.94点で4位。

1位、2位はロシア勢!

1位ザギトワ、点数はなんと82.92点!2位メドベージュワ81.61点。

 

 

フィギアスケート女子のライブ

今見たい方はgorin.jpサイトでライブ配信を見ましょう。

アプリでは過去のハイライトを見ることも可能です。

https://www.gorin.jp/live/

 

スポンサーリンク



 

 

平昌オリンピック 男子フィギュア速報!

2月16日に行われた男子フィギュアのショートプログラムで、羽生選手が見事首位に立ちました!

羽生選手のプログラムの音楽はショパン「バラード1番」で、完璧な演技で111.68点でトップでした。

そして羽生選手を憧れ、今大会に臨んだ宇野選手はショートプログラムで3位。

 

17日、フィギュア男子66年ぶりの連覇がかかったショートプログラム、首位の羽生結弦選手は206・17点をマークし、金メダル!

メダルは微妙と予想されていた宇野昌磨選手は、演技構成点が非常に高く2位となりました。でも銀メダル!

なんと羽生選手の取った金メダルは、冬季五輪1000個目の記念すべき金メダルだそうです。羽生選手は”持ってます”ね。

日本勢の活躍が本当にうれしいですね。

 

羽生結弦選手の魂のショートプログラム(ノーカット版)



 

2017年~2018年のフィギュアスケート

2017年~2018年にかけたシーズンはオリンピックシーズンと言われ、2月に開催される平昌オリンピックを意識した大会となっています。

オリンピックには出場枠があるため、選手にとってこのシーズンをどうのように過ごすのかとても重要となっています。

2017年6月23日に日本スケート連盟は「2017-2018 シーズンフィギュアスケート国際競技会派遣選手選考基準」を発表しました。

これにより代表の枠が決定していきます。

 

2018年四大陸フィギュアスケート選手権

2018年は台湾の台北にある台北アリーナで開催されました。

四大陸フィギュアスケート選手権はヨーロッパを除く四つの地域(アジア、アフリカ、アメリカ、オセアニア)で競われます。

ヨーロッパはかつて、フィギュアスケートのメッカともいわれていたので、ヨーロッパ選手権と四大陸フィギュアスケート選手権を分けた扱いになっています。

スポンサーリンク



 

2018年の結果速報は

男子ショートプログラム

一位 宇野昌磨(100.49) 二位 ボーヤン・ジン(100.17) 三位 田中刑事(90.68)

男子フリースケーティング

一位 ボーヤン・ジン(200.78) 二位 宇野昌磨(197.45) 三位 ジェイソン・ブラウン(179.44)

男子シングル

一位 ボーヤン・ジン(300.95) 二位 宇野昌磨(297.94) 三位 ジェイソン・ブラウン(269.22)

 

女子ショートプログラム

一位 宮原知子(71.74) 二位 坂本花織(71.34) 三位 三原舞衣(69.84)

女子フリースケーティング

一位 坂本花織(142.87) 二位 三原舞衣(140.73)三位 宮原知子(135.28)

女子シングル

一位 坂本花織(214.21) 二位 三原舞衣(210.57)三位 宮原知子(207.02)

 

2018年四大陸選手権の結果はこのようになりました。

 

 

フィギュアスケートの日本男子ランキング

メダル候補といわれている羽生結弦は右足首じん帯を痛めたため、全日本選手権は欠場となりました。

男子は12月22日のショートプログラムで始まり、一位はショートとフリーのトップで合計283.3点を獲得した宇野昌磨でした。

出だしから4回転ループ、トリプルアクセル、3回転ループと出だしからきれいに決め、後半に不安定な部分が見え、演技後は謝るように両手を合わせる場面もありました。

二位が自身初の五輪出場が決まった田中刑事は冒頭に4回転ジャンプを2本組み込み、途中手をつく場面もありましたが267.15点となりました。

三位は無良崇人で、最初の4回転ループでバランスを崩しかけましたが、何とか踏ん張り、その後のトリプルアクセルを2本きれに決め、後半の3回転ルッツも乱れなく着氷し、258.41点となりました。

四位は231.21点で友野一希、五位は230.95点で村上大介、六位は225.76点で須本光希、七位は223.61点で日野龍樹でした。

スポンサーリンク



 

 

フィギュアスケートの日本女子ランキング

平昌オリンピックの選考会を兼ねた全日本選手権が12月23日に東京都調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、代表二枠を争う女子はショートプログラム二位の宮原知子がフリー一位で逆転し、合計220.39点で四連覇し、自身初の五輪代表に選ばれました。

坂本花織が合計213.51点で二位となり、紀平梨花がフリーで大技のトリプルアクセルを二度決め、208.03点で三位となりました。

四位は樋口新葉が206.96点、五位は三原舞衣が204.67点、六位は本郷理華が197.62点、七位は本田真凛が193.37点となりました。

 

 

フィギュアスケートの座席

フィギュアスケートの座席は会場にもよりますが、種類がいくつかある場合が多いです。

大会の規模にもよりますが、グランプルファイナルや全日本選手権などはまずチケットの入手が困難な場合が多いので、チケットが取れただけ運がいいです。

近くで選手の迫力を感じたい方はアリーナ席など近くの席がおすすめです。

ただし、近い方がチケットの値段も高額な場合が多いです。

全体を見渡して、演技をきれいに見たいのであればスタンド席がおすすめです。

ドームなど広い会場の場合は、スタンドの前列あたりが見やすいです。

フィギュアスケートの客席はとても冷え込みます。

足元がとても冷えますので厚手の上着に加え、ひざ掛けなども持参し防寒対策をします。

選手が演技をしている間は座席を移動せず、演技が終わった後は拍手をします。

スポンサーリンク



 

フィギュアスケートの動画

フィギュアスケートの放送を見逃してしまった方や、一部の選手のみ見たい方にためにインターネットで動画が配信されています。

まとめサイトでは選手ごとに動画がまとめられており、見たい選手を選んで視聴できます。

 

2月に始まる平昌オリンピックに向けて、ますますフィギュアスケートが盛り上がりをみせています。

男子・女子共に感動する演技が期待できます。

平昌とは時差もないので、リアルタイムで応援できるのではないでしょうか。

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.